すさきビジネスプランコンテスト~経過報告~

カテゴリー:

すさきビジネスプランコンテスト(以下、すさきビジコン)の皆様のご協力、誠にありがとうございます。

おかげさまで無事に1次審査会も終了し、6名の通過者が決定いたしました。

このページでは、コンテスト本番までの経過をご覧いただけたらと思います。

2018/01/13

県外からご応募いただいた方々に須崎市の視察をしていただきました。

須崎駅で合流し、すさきビジコンのファイナリストでもある武田真優子さんのお店「どうぶつすどまりbook」にて

今後関わっていくであろう方々との交流を行いました。

最後は、同じくファイナリストの古谷幸生さんのお宅へ、農園を見学させていただきました。

 

2018/01/14

6名の方々のプレゼンを聞き、添削を行う会を開催しました。

当日はすさきビジコンのアドバイザーで、「須崎を創る!ビジネスプラン塾」の講師を務める尾野 寛明氏の前で、各々のプランをプレゼンしました。

ファイナリストのプランは以下のとおりです。

 

西 佐和さん 「清潔な住環境と身体によい食事、働く生きがい、皆が笑顔になれる複合施設プラン」

古谷 幸生さん 「COPPOLI OUR HOUR(こっぽり あわ あわー)」

武田 真優子さん 「世界初を須崎市から!『どうぶつなら泊まれる宿』と『ねこセカンドハウス』」

甲斐 友太さん 「移動型博物館構想~あたりまえが歴史です~」

近澤 美紀さん 「カワウソがつなぐふるさとの暮らし カワウソの里すさきで民泊しましょう」

政岡 千貴さん 「いべんとやプラス」

 

本番さながらの緊張感の中、皆様、自分の伸ばすべき部分、具体的にする部分がみつかったのではないかと思います。