GS1事業者コード(JAN企業コード)

JANコードとは

JANコードとは「どの事業者の、どの商品か」を表す「国際的な商標識別番号」であり、商品のブランドオーナーが、貸与を受けたGS1事業者コードを用いて、商品ごとに設定します。

JANコードには桁数が13桁の標準タイプと、小さな商品にのみ使用できる8桁の短縮タイプがあります。

JANコードは①GS1事業者コード、②商品アイテムコード、③チェックデジットの3つの要素で構成されています。

バーコード活用のメリット

◆POSシステムを使った清算業務や、受発注業務、在庫管理システムなど商品の流通が効率よく管理できます。

◆道の駅、直販所、ネット通販などでもバーコードの利用が進んでおり販路拡大の可能性があります。

 

GS1事業者コードとは

GS1事業者コードはJANコードを設定するために必要な9桁または7桁の番号です。

GS1事業者コードを利用するためには、事業者単位での申請・登録3年ごとの更新が必要です。

これらの手続きは、須崎商工会議所を通じて行うことができます。

 

GS1事業者コードの申請手続き

新規申請

「登録申請書による申請」「インターネットによる申請」のいずれかの申請方法があります。

◆「登録申請書による申請」をご希望の方◆

登録申請に必要な「はじめてのバーコードガイド新規登録用」を当所にて無料配布します。

◆「インターネットによる申請」をご希望の方◆

パソコンから登録申請を行ってください。登録申請方法はこちら

更新申請

GS1事業者コード(JAN企業コード)の有効期限は3年です。3年毎に更新手続きが必要です。

更新時期の1~2カ月前頃に一般財団法人流通システム開発センターから、更新手続きの書類が送られてきますので、案内に従い更新手続きを行ってください。

更新手続きは須崎商工会議所を通じて行うことができます。

【更新しない場合】

JANコードを利用しなくなった場合は、JANコードの「返還届」の提出が必要です。

 

詳しく知りたい方

一般社団法人 流通システム開発センター

TEL:03-5414-8511

ホームページ:http://www.dsri.jp/jan/

 

TO TOP